スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 F1 第10戦 ドイツGP 決勝

ども、豆蔵です

昨日今日でシャーリーのメンテナンスをやってました
オイル、オイルフィルター、リアブレーキパッドの交換にチェーン清掃とワックスがけ
特筆する点は特になし
勢いに乗ってPCも掃除しました
箱開けて埃をピンセットで取ってエアダスターでブォッと

特筆する点は特になし

~告知~
ロングツー計画してます
日程はいまだ未定;;
詳細はこちら

↓サボらないでちゃんと書きなさいよ(クリック)
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ





各車がダミーグリッドについてレース開始を待つのみ
というタイミングで小雨が降り始めた中でのスタートとなりました
気温13℃、路面温度15℃
ドイツってこの時期でもそんな寒いの!?
って思ったけど緯度的には北海道よりさらに10度くらい北でしたね

そんな波乱を予感させるスタート
PPのウェバー(レッドブル)がスタートに失敗してホームストレートでハミルトン(マクラーレン)が前に出ます
3番手スタートのベッテル(レッドブル)はフェラーリの2台にはさまれ一歩後退
この隙を突いたのがロズベルグ(メルセデス)で
1コーナーを抜けてハミルトン、ウェバー、アロンソ(フェラーリ)、ベッテル、ロズベルグのトップ5
ディレスタ(インディア)と接触したハイドフェルド(ルノー)は大きく後退

ロズベルグにかわされたマッサ(フェラーリ)が果敢に攻め立てますが
ここは抜きどころの少ないニュルブルクリンク
さらにメルセデスはストレートセッティングなのか
1、2セクターでつめても抜けないレースが続きます

5位争いに注目しはじめていた3周目にアロンソが2コーナーでオーバーラン
この隙を逃すベッテルではなくアロンソは4位に後退
しかしアロンソは8周目の1コーナーで再びベッテルの前に
アロンソを追いかけるベッテルでしたが9周目
10コーナーのブレーキで芝にタイヤ半分乗り上げてスピン
タイヤにフラットスポットを作って5位との差が一気に縮まります
ピレリのタイヤ磨耗が早いのもあって比較的早く復帰したベッテルはなんとかポジションをキープしますが
先頭争いからは大きく離されることに

そんな中10周目にシケインで接触事故
DRSを使って横に並んだハイドフェルドにブエミ(トロロッソ)が強引なブロック
逃げ場のないハイドフェルドは避けきれず接触
ハイドフェルドのマシンはフロントを大破させジャンプ
ひやりとするシーンでしたが幸い大事には至らず
高速のストレートエンドでのあのブロックは相当危険でしたね
スチュワードも危険行為と判断して
ブエミには次のハンガリーで5グリッド降格のペナルティが課せられました

11周目には5位争いにも動きが
DRSゾーンでマッサが急接近するも、ハイドフェルドとブエミの接触でシケインは黄旗(追い越し禁止)
テールトゥノーズの状態でホームストレート
1コーナーでタイヤをロックさせつつもマッサがついに前へ
さらに先頭集団にも動きが
12周目のシケインの飛び込みで若干オーバーしたハミルトンに対してシケインの立ち上がりでウェバーが並んでサイドバイサイド
最終コーナーで前に出ます
しかしここはさすがハミルトン
ホームストレートでスリップを使ってすぐさま先頭を奪い返します
2人がここでやりあったことで3位のアロンソが接近
3台が2秒以内に入るバトルが始まりました

14周目、最初に動いたのがウェバー
3.5秒の作業でピットストップを終えます
さらには一時差が開いていたベッテルとマッサの4位争いが接近
15周目のシケインでマッサが前に出ます
するとベッテルはそのタイミングでピットイン
ハミルトンとアロンソはそのとき既にピット作業を終えてピットレーンを走行中
両者の位置関係は変わらないもののここでウェバーが前に出ます
しかしウェバーの前にはマッサの姿が
マッサを抜いて逃げたいウェバーでしたがマッサを抜けず3台はまたしても接近戦を繰り広げます

先頭集団が動いたのは2度目のピットストップ
ウェバーが30周目にピットインして4.2秒の作業
31周目にピットインしたハミルトンは3.2秒の作業で前に出ます
ステイアウトのアロンソは32周目にピットイン
3.2秒の作業で一気にトップへ
しかしこの路面温度のアウトラップ
すぐさまハミルトンが抜き返してハミルトン、アロンソ、ウェバーの順
さらにタイヤの温まりにくいフェラーリに対してハミルトンが猛プッシュ
見る見るうちに約3秒のギャップができました

後方では予選に失敗したバトン(マクラーレン)がスーティル(インディア)、ロズベルグをかわして6番手に浮上するものの
直後に油圧系のトラブルでレースを終えます
ここ2戦ちょっとバトンのリズムが狂いかけてますね

最後のピットストップはラスト10周
最初に入ったのはハミルトンで51周目
作業時間は3.7秒
アロンソ陣営は52周目に入る準備をするものの
ハミルトンのタイムを見て1周引き伸ばして53周目にピットイン
3.2秒の作業で送り出すものの第3スティント序盤でつけられた差が響いて前に出ることは敵わず
最後に入ったウェバーも3.7秒の作業で3位のまま
上位3人はそのままフィニッシュとなりました

が、熱いのはその後ろ
4位マッサと5位ベッテルが1秒以内の大接戦
どちらもタイヤが厳しいけれど先に入ったほうが負ける争い
なんと2台は59周目、2ラップを残して同時ピットイン
しかしここでマッサが作業にてこずり5秒のストップ
これで前に出たのがベッテル
母国で最後に意地を見せました

同じく母国GPのスーティルが大健闘の6位フィニッシュ
オールジャーマンのメルセデスは7位ロズベルグ、8位シューミでフィニッシュ
9番手には17番手スタートのカムイ(ザウバー)が入り久々のポイント獲得
ドイツ人6人中4人がポイントを獲得しました

レース後にはウェバーのマシンのサイドボードにアロンソが座って走るという
かつてのセナとマンセルを思い出させるシーンもありました
ちなみにセナとマンセルのこのシーンは91年のイギリスだったかな?
私生まれたの91年なんですけど・・・(ぁ

F1 決勝結果

F1 ランキング


クリックは↓でもOKです
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへにほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ

人気ブログランキングへ

650x120_01.jpg
mahoyo_ban_710_120_01.jpg
majikoiS_600x120_kazuko.jpg
スポンサーサイト

theme : オタク的日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

服部豆蔵(そろうぃん)

Author:服部豆蔵(そろうぃん)
Height:1.75m
Home:神奈川県横浜市
Motercycle:BALIUSⅡ
Camera:Nikon D7000/Nikon J1/Canon IXY210F

バイクに乗って写真を撮るのが楽しみ。
普段は部屋に引きこもって2次ヲタと化します。
最近はモータースポーツにドハマリ中。

このブログは基本リンクフリーです
むしろリンクしてくれると嬉しいです

Photo:http://photozou.jp/user/top/2415501
Mail:solowing_f22◎yahoo.co.jp
Twitter:Rider_Mamezou
Skype:Ask me

フリーエリア
応援バナー
フォセット o-bnr200_00.jpg mens_200x40.jpg kan_ban_01_4.jpg 200a_mifuyu.jpg 200x40_03.jpg mercuria_200x40_01.jpg s_airi.jpg sinkoi_sikaku_d04.jpg
ブログ内検索
リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。