スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクの哲学 第13回『コーナリング入門 その2』

ども、豆蔵です

いい加減更新ネタがありません(´・ω・`)

いや、マジで

今週はオンボロノートに(ry計画以外に特別なこともなく
それも座礁しちゃったし・・・

豆蔵の連続更新記録は約2週間で止まりそうです


↓クリックしてくれると豆蔵が絵の彩色を始めます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
さて、前回1つめの理由だけで終わってしまったコーナリング入門
あのあといろいろ整理してみたんですが
かなり簡単にまとまりました
というか高校生範囲の物理では証明できないことが証明されました

ということで2つ目の理由はハンドルを切るから
証明なんかしなくても経験的に知ってますね
曲がる2

まずハンドルが進行方向に対してまっすぐのとき(左図)
推進力(赤色)とタイヤの摩擦力(緑色)が加わります
この2つの合力は赤の太い矢印になります、と

ハンドルを左にθきったとき(右図)
タイヤの縦方向をX軸、横方向をY軸とします
さっきと同じようにタイヤにかかるのは推進力(赤色)と摩擦抵抗(緑色)です
なんか摩擦抵抗はすでに分解されてますが
これをX軸、Y軸に分解します
すると推進力は青色の矢印に分解されます
X軸に関してはタイヤが回転するので
推進力xと摩擦抵抗xの合力が進行方向に加わります
しかしY軸に関してはタイヤが固定されたままと考えられるので
推進力yと摩擦抵抗yが打ち消しあいます
だからタイヤの向いた方向に進むんですよ、と

本当は回転体の摩擦抵抗つかって
ちゃんと数値入れて証明したかったんですが
まぁ高校生の物理範囲だとここが限界ですね


miyako_400x90.jpg
koisora500_aya.jpg
propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン
スポンサーサイト

theme : オタク的日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

服部豆蔵(そろうぃん)

Author:服部豆蔵(そろうぃん)
Height:1.75m
Home:神奈川県横浜市
Motercycle:BALIUSⅡ
Camera:Nikon D7000/Nikon J1/Canon IXY210F

バイクに乗って写真を撮るのが楽しみ。
普段は部屋に引きこもって2次ヲタと化します。
最近はモータースポーツにドハマリ中。

このブログは基本リンクフリーです
むしろリンクしてくれると嬉しいです

Photo:http://photozou.jp/user/top/2415501
Mail:solowing_f22◎yahoo.co.jp
Twitter:Rider_Mamezou
Skype:Ask me

フリーエリア
応援バナー
フォセット o-bnr200_00.jpg mens_200x40.jpg kan_ban_01_4.jpg 200a_mifuyu.jpg 200x40_03.jpg mercuria_200x40_01.jpg s_airi.jpg sinkoi_sikaku_d04.jpg
ブログ内検索
リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。