スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと部屋(というか扉?)を整理してみました(注:本文には関係ありません)

ども、豆蔵です

今日はF1からGOODなニュースとBADなニュースを1つずつ
まずはGOODな方から行きましょうね

先日のハンガリーGPの予選でクラッシュし、意識不明で病院に運ばれた
フェラーリ F.マッサ が順調な回復ヾ(*´∀`*)ノ
F2で同じような状況での死亡事故がおきたばっかりだったので
非常に心配されていたわけですが
手術も術後の経過もいいようで安心してます
代替のドライバーとしてゲストを招くかもしれないとか
そんな話も出ていますが、1日でも早くマッサに戻ってきてもらいたいですね
フェラーリもやっと上位争いに加われる戦闘力を取り戻してきたところなので
またフェラーリのマッサがてっぺんに上る姿を見たいです

それに関連してか、ルノーに次戦出場停止処分が下されたんですが
こっちはまだ確定じゃないので経過を見守りましょう

で、BADなニュースはルノーではなくBMWザウバーから
BMWザウバー 今シーズンでのF1撤退を表明

Σ( ̄口 ̄|||)・・・・・・・・・・まじ?

確かに今年のBMWは成績が振るわないけれど・・・まじ?
HONDAに続いて2チーム目の離脱になりますね
来シーズンは新規3チームが加わるわけですが
それでもBMWを応援してた身としては非常に寂しい思いですね

同時に撤退を噂されてたトヨタとマクラーレンは撤退しないことを明らかにしたので
それはGOODなニュースではありますが
もしこれでルノーも抜けることになったら
来年のF1はすごい様変わりをすることになりますね・・・
さて、今日はバイクの哲学の第5回でもやろうかと思ってたんですが
前回の内容に反応があったのでそのことについてさらに書いておこうかな、と
「導入」でも書いたんですが、こーいった意見交換がしたくて書き始めたバイクの哲学です
今回コメントを残してくださったNo titleさんに感謝感謝です

さて、前回を要約すると「マナーをわきまえて走ろうぜ」になるんですが
すり抜けに関しては自分の中でもちょっとあいまいな項目でして
前回の考えに当てはめるならば
「すり抜けはやめようぜ」
になるんですが、いざ自分を省みてみると
「はい、やめます」とは言い切れない自分がいるんですね
理由は前述のとおりなので割愛します
かといっていつどこでもやっていいと肯定できるわけでもないんですね
例えば、道幅の狭い道
例えば、歩道に植木があって歩道の状況確認が難しい場合
例えば、路面にゴミがあったり凹凸があったりして不安定な場合
例えば、車が片方に寄せて止まっていた場合
そーいった状況をきちんと見極めて
かつ何か起きたとしても即座に対応できる心構えでならいいのではないのかな
というのが思うところです

う~ん・・・ちゃんとした意見になってないし
コメントに対する返答としては変・・・というより異常ですね
っつーか前回言ってることとほぼ同じだし・・・

具体的な自分ルールをあげてみますか
・走行中のすり抜けは絶対しない
・前方、および後方の安全が確認されない場合はしない
・十分なスペースが確保されない場合はしない
・すり抜けで先頭に出る場合、絶対に車の運転手から見える位置に停止する
他にも状況次第で判断するんですが
絶対的なルールとしてこれらは存在するんですが
でもこれって車を運転しないオレからみた危険に対する対応策であって
実際に車を運転する人からするとまた違った危険が見えてくるんでしょう

う~む・・・これでもまだ何かしっくりとこないなぁ・・・
バイクの特性上すり抜けはさせてほしい
が、安全上大手を上げて賛同はできない
おそらくオレはこの課題でずっと悩み続けることになるんだろうなぁ・・・

何も考えずにすり抜けていくヤツもいれば
こうやっていろいろ考えてるヤツもいるんだということを知ってもらえただけで・・・
良いわけないんだけどなぁ・・・(;¬_¬)



さて、ここで話はおもいっきり変わるんですが
No titleさんがおっしゃってた騒音規制の話です
オレは今の騒音規制は厳しすぎると思ってます
理由の1つはバイクの構造上の問題
バイクは車と違ってエンジンもマフラーもはっきりとむき出し状態です
まぁカウルついてるやつもあるにはあるんですが
車のボンネットのように音を防ぐには至らないんです
それとバイクのエンジンは比較的高回転型なので
どうしても音が大きくなってしまう、というのもあります
もう1つの理由は安全面的な意味で
バイクの車体は小さいので遠くからだと認識されづらいんです
ミラーに映ってても認識されないなんてね
あと夜間のヘッドライトの照射面積も狭いですし
そこで音に夜自己アピールが必要になってくるんです
エンジン音がすればそこに何か車なりバイクなりがいるんだと思うでしょう?
そうすればミラーも注視するだろうし
交差点の進入も慎重になってくるはずです
ちょっと問題になってるトヨタのハイブリッドと同様ですね

かといって爆音仕様には賛成しません
必要以上の音はただの迷惑です
あーゆーのはただ音をでかくすりゃいいとおもってるんですかね?
もうすこし常識をわきまえてもらいたいものです
そーいった行き過ぎがあるから規制の対象になるわけですし


最後に騒音問題含め思うことを一言だけ

この国の二輪車の立場って弱すぎません?


<コメントレス>
>Reilさん
ここまで文面どおりにとられるとは予想外です・・・
とりあえず、どう反応したらいいですか?

>No titleさん
前回のコメントをきっかけにこうしてまた書いてみたわけですが・・・
もうぐだぐだですね・・・^^;
車で並んでる横を平然と抜けられるのを快く思えないというのは当然だとは理解しているのですが・・・
なんともままならないですね・・・


chris_400x90.jpg
koisora500_mik.jpg
propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン
スポンサーサイト

theme : オタク的日記
genre : 日記

comment

Secret

どうも

自分のブログやらで既に言ってるかもしれないけど、
車乗ってる人間の中でもすり抜け等に関しては人それぞれ違う意見を持ってると思うよ。

一例として俺を挙げるならば、バイクが交差点とか渋滞で並んで待ってる車の間をすり抜けていくことには別に羨望やら妬み、とかいう感情は殆ど無い。すり抜けしたくなる気持ちも良く分かっているつもり。

が、ここからは人それぞれだと思うのだけれど、俺は自分の車を凄く大切に思ってるから、他人によって自分の車に損害を与えられるのは凄く嫌なわけ。
従って、他の車、バイク、自転車、歩行者には自分の車に損害が発生するような行動をして欲しくないのね。

バイクのすり抜けはそれのほんの一部。
すり抜けしてる間に何が起こるか分からないからね。
他の車がいきなり左もしくは右に寄ったりすることもあるし、コンビニ等に入る為に左折するかもしれない。
他にも色々あるけど、あまりこのコメント欄に書いても仕方が無いから割愛させていただく。

もちろん、これ等の他人に向けた要望は自分がそういう事に気を配ってから言うものだけれど、俺は車を運転する時は気を遣っているつもり。でなければこういうことは言わない。

とまぁ、一人の運転者としてのコメントでした。
参考になるか分からないけど、とりあえず頭の隅に置いておいてくれると有り難いかな。

では、長文失礼。

No title

バイクの騒音規制は、確かに車検時すごく厳しいと思う。正直な話かわいそうなくらい。
あれじゅあほとんどのスポーツマフラーは通らないし、すこしパワー志向にエンジンを振って対策を何もしないと車検を通らないようなのは正直な話よくない現状だと思う。

車も去年成立した法律で、ほとんどのスポーツカーのマフラーが対策が必要に迫られたりしてんですよ。そのときに私は意見募集しているところに抗議の文章を送ったんですが全く反映されなくて残念な思いをしています。
チューニングカー仲間と一緒に抗議したんですが。

ちなみに、車のボンネットは吸音材を付けている最近の車は遮音材として働くが、昔のただの板はあまり効果はないよう。EVO9のボンネットに遮音材はったらえらく静かになったし。
プロフィール

服部豆蔵(そろうぃん)

Author:服部豆蔵(そろうぃん)
Height:1.75m
Home:神奈川県横浜市
Motercycle:BALIUSⅡ
Camera:Nikon D7000/Nikon J1/Canon IXY210F

バイクに乗って写真を撮るのが楽しみ。
普段は部屋に引きこもって2次ヲタと化します。
最近はモータースポーツにドハマリ中。

このブログは基本リンクフリーです
むしろリンクしてくれると嬉しいです

Photo:http://photozou.jp/user/top/2415501
Mail:solowing_f22◎yahoo.co.jp
Twitter:Rider_Mamezou
Skype:Ask me

フリーエリア
応援バナー
フォセット o-bnr200_00.jpg mens_200x40.jpg kan_ban_01_4.jpg 200a_mifuyu.jpg 200x40_03.jpg mercuria_200x40_01.jpg s_airi.jpg sinkoi_sikaku_d04.jpg
ブログ内検索
リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。